目の病気を治すには|二重整形をした後のようなまぶたを手に入れましょう

二重整形をした後のようなまぶたを手に入れましょう

ウーマン

目の病気を治すには

ボディ

目が閉じちゃう病気って

目の病気と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。近年、緑内障や白内障、結膜炎などよく耳にするものもありますが、この度ご紹介するのは、眼瞼下垂です。あまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。この病気は字の通り瞼が下がってくる病気なのです。眼瞼下垂症には先天性のものと後天性のものがあり、後天性のものに関しては、様々な病気が原因とされています。腱膜性眼瞼下垂症においては加齢やコンタクトレンズなどの長時間装用や白内障の手術など、目において過度な負担が原因として考えられます。最近では、花粉症やアトピー、過度なアイメイクや逆睫毛などな目への負担で眼瞼下垂になることが増えているようです。みなさんも今後眼瞼下垂症になる可能性だってあるのです。

知っておこう知識と対処

眼瞼下垂症とはどんな病気わかってきたところで、問題は実際どんな症状があり、どう対処していけばいいのかです。まず1番は目が重く感じることです。目の奥に痛みが出たり。1日の午後には目の疲れが出ます。体への負担ももちろんですが、精神的にも不安になり、不眠症の症状が出ることもあります。眉毛の高さ、左右で目の大きさに違いがあるなど、今までなかった違和感を感じた場合は、早めに美容外科にいるお医者様に診てもらうようにしましょう。治療方法としては美容外科での手術が主流ではありますが、遮光眼鏡で太陽光を遮り、負担を軽減することで、眼瞼下垂症の進行を遅らせ、クラッチ眼鏡という特殊な眼鏡をかけることで、短時間ではありますが、視界を確保する方法もあります。