予防や治療が可能です|二重整形をした後のようなまぶたを手に入れましょう

二重整形をした後のようなまぶたを手に入れましょう

ウーマン

予防や治療が可能です

水着の人

原因はさまざまです

眼瞼下垂は先天的なものと、コンタクトレンズなどの使用や加齢によって起こる後天的なものがあります。先天的なものとしては形成の不全や遺伝などによるものが多いです。加齢による眼瞼下垂は目の周りの筋力の衰えによって目が細くなったり、開けづらくなったりします。眼瞼下垂が重症化すると、物が見えづらく顎を挙げて物をみたり、眉間にしわが寄るなどします。また物が二十重に見えるなどの異常が発生することもあるため、早期に美容外科の専門医に相談することをお勧めします。特に急に発症した場合には脳動脈瘤の可能性もあるため、一刻も早く受診をし原因究明をすることが大切になります。またこのほかにも脳梗塞後に発症する場合もあるため、その場合には数日間様子をみます。

トラブルが多い治療

眼瞼下垂の治療には多くのトラブルがつきものです。特にデリケートな目の皮膚は扱いずらく治療がうまくいかない場合もあります。治療の特徴としては目がよく見えるようにする点と、左右の大きさを合わせる点が挙げられます。しかし、どちらの条件も満足に満たした治療をしてもらうのはとても困難であるといわれています。まぶたは美容外科での術中、術後に腫れやすく判断が難しくなるのが大きな理由です。また、今まで見えずらく眉毛を挙げてみていたため、これが改善されると眉毛が下がって見えてしまうため、見た目に変化していないような錯覚にとらわれることがあります。このような理由から眼瞼下垂は何をもって成功とするかが非常に難しいのです。予めこうした知識を知ってから手術することをおすすめします。